Quality

image photo

SECURITY大きな安心感で暮らしをつつむ、
先進のセキュリティシステム。

バッグに入れたままで解除できる
Tebra(テブラ)キー採用

共用部のオートロックを、バッグやポケットにTebra(テブラ)キーを入れたままで解錠。センサーにかざす必要すらないので、荷物で手がふさがっている時などにも便利、しかもスムーズです。
※Tebraキーの認証範囲は一定の距離制限があります。

共用部オールマイティシステム

共用部のエントランスや駐輪場、宅配ボックスの解錠まで手ぶらでスムーズ。※エントランス、駐輪場出入口、
 サブアプローチ認証範囲約2m
※駐車場出入口、宅配ボックス
 認証範囲約0.8m

共用部セキュリティエントランス(風除室)

ハンズフリーでエントランスのオートドアを通過。

24時間・365日体制の遠隔監視システム

(株)全日警による安心のセキュリティシステムを採用。インターホン経由で各住戸のセキュリティ情報をガードセンターに直結し、24時間・365日、休むことなく暮らしを見守ります。万一の事態が発生した場合は、警備員が駆けつけ迅速に対応します。警報発生(専有部及び共用部)専有部については、インターホン機器を経由して、警報信号を転送。共用部については、各種警報盤から移報し、警報信号を転送。全日警東日本/西日本センターを経由して、“全日警管制センター”及び“大京アステージログシステムセンター(全日警経由)”で受信。パトロール員へ出動指令を行うと同時に、必要に応じ、異常事態の早期発見のため、現地へ電話し、状況確認を行います。パトロール員が現地へ急行し、必要な措置(1次対応)を行います。その際、状況に応じて、お預かりした鍵を使用し、住戸内を確認。警報信号、対処結果については、大京アステージの“ログシステムセンター”にデータ送信され、必要に応じて状況や対応結果を口頭で報告。また、マンション管理事務室に警備対応の報告書を提出。

視認性の高いカラーTVモニター付
ハンズフリーインターホン

共用エントランスに設置した集合インターホンのカメラを通して、鮮明な映像で来訪者の顔を確認、その後にオートロックを解錠するカラーTVモニター付ハンズフリーインターホンを採用しました。受話器のない、ボタンひとつで操作できる便利なインターホンです。

スティック型リバーシブルキーで
不正複製やピッキングを困難に

約5兆5千億もの鍵違い数を始め、様々な不正解錠の手口に対抗する機能を追求した「F22シリンダー」を玄関ドアに採用。すぐれた防犯性を実現しました。

共用部に防犯用監視カメラを配置

エレベーター内や駐車場、自転車置場など死角となりやすい共用空間に防犯カメラを配置。いたずらや犯罪の抑止力を高めました。

エレベーター内を1階でモニタリング

エレベーター内に設置した防犯カメラの映像を、1階エレベーターホールのモニターで確認可能。エレベーター内の防犯性を高めています。

不正解錠を抑制する
防犯サムターン&鎌式デッドボルト

上下の2つのボタンを同時に押さないと回転しない防犯サムターンと鎌状にせり出してくるデッドボルトがバールこじ開けなどに強い鎌式デッドボルトを採用しています。

フタ付ドアスコープを上下2ヶ所に設置

小さなお子様や車椅子をご利用の方でも来訪者が確認できるよう、玄関のドアスコープを上下2ヶ所に設置しました。外から覗かれる心配がないフタ付です。

ダブルロックの玄関ドアで防犯性をアップ

ワンアクションで開閉できるプッシュプルハンドルの玄関ドア。シリンダー錠を上下2ヶ所に設けて防犯性を高めています。

防犯センサーを全住戸に設置

玄関ドアと窓(※)(1・7・8階のみ)にマグネット式の防犯センサーを設置。警戒設定時に扉が開けられるとセンサーが反応し、管理室と全日警ガードセンターに自動通報します。
※面格子付窓・FIX窓除く

  • セキュリティ
  • 構造
  • 快適
  • エコロジー

※掲載の室内写真は、2019年5月「グランクラッセ上野芝向ヶ丘マンションギャラリー」モデルルーム(Aタイプ)にて撮影したものです。オプション仕様が含まれている他、備品等は販売価格に含まれておりません。予めご了承ください。※掲載の参考写真・構造図・概念図は、官公庁の指導、施工上の都合等により、若干変更が生じる場合があります。予めご了承ください。